風俗業界の東京求人情報

東京の高額求人情報

*

超売れっ子風俗嬢は月収いくら? 稼げない風俗嬢は何が悪い?

   

風俗で稼げるのは、ごく一部。しかし、中には、月収200万円超えも!

「風俗なら稼げる」と、そう考えている人は多いでしょう。まして、人が多い東京ならなおのこと。それは、当たっているとも言えますし、ハズレとも言えます。なぜなら、風俗の仕事は、まず歩合制で接客して何ぼです。客が付かなければ、お茶引きと言われ、収入ゼロです。まれに日給保証の風俗店がありますが、そうした好条件を提示してくれるお店は、ごくわずかですし、逆に採用基準が高いはずです。それは、風俗店そのものが接客サービスであり、自動で売れる、ルート営業で注文が入るようなシステムではないからです。

しかし、一方で人が多い東京だからこそ、人気嬢になると本指名率が高く、出勤するたびに予約で埋まり、ごくまれに月収200万円という強者がいるのも事実です。稼げる風俗嬢の実情を数値で紹介してみましょう。

売れっ子風俗嬢の本指名率は、5割

風俗嬢の平均的な出勤日数は、週3、4日で、勤務時間は、1日6~8時間程度でしょう。売れっ子風俗嬢もこれとほぼ同じくらいではないのでしょうか。むしろ、稼げない風俗嬢ほど、無駄に出勤日数が多く、勤務時間が長いのかもしれません。

次に本指名される率を考えてみましょう。10人のご新規さんを相手にして、1人しか本指名で返ってこないようであれば、稼げない風俗嬢。本指名で返ってくるのが3人程度であれば、ほぼ平均。売れっ子風俗嬢になると、5人以上が本指名で返ってくる、つまり本指名率5割以上なのです。10人接客ごとに5人が返ると、瞬く間に出勤のたびに予約が埋まるようになるのです。こうなると、無駄に出勤日を増やさなくても、勤務時間を増やさなくても稼げる風俗嬢になるということです。

こうした接客頻度が、性感マッサージなどソフト系であれば、月収60~80万円、ヘルス系であれば、月収80~100万円を狙えるようになるでしょうし、最も客単価が高い高級ソープランドともなれば、月収200万円も見えてくるのです! ただし、繰り返しますが、これはごくまれなケースです。風俗の仕事なら誰でも高収入というのはありえないのです。

稼げない風俗嬢の3つの残念な特徴

次に、そんな幻想に勘違いして風俗業界入りして稼げないと嘆く女性の特徴を挙げてみましょう。

  • 挨拶ができない。自分の名前を名乗らない
    本指名を稼ごうと思ったら、1にも2にも名前を覚えてもらわないことには話になりませんね。最初のあいさつで最低限失礼のないように、笑顔で好印象を残すように心がけましょう。
  • 気だるそうにして、やる気が感じられない
    風俗の仕事は、肉体的にも精神的にも疲弊します。しかし、それをお客にアピールして何になるのでしょうか。印象が悪くなるばかりで、いいことはありません。お金を払う客が何をしていいわけではないように、高額なサービス料をもらっておきながら、消極的なサービスでは、客は後悔するだけです。
  • 返事をしない。しゃべらない
    風俗のお仕事は、接客業です。ただ脱いで、射精させれば、それでおしまいではありません。売れっ子キャバ嬢の会話術がスゴイというのは、みなさんもよく聞くでしょう。逆に言うと、会話術がない、話さない、返事もしない風俗嬢は、儲かるはずがないのです。

 - 風俗